禁煙外来でタバコから卒業

喫煙者が喫煙することで、得られるメリットは、ストレスの軽減です。
ただし、喫煙によるストレスの軽減というのは、ニコチン不足による禁断症状を緩和するだけです。
本当に、ストレスから解消されたいのであれば、禁煙することです。
禁煙により、禁断症状から解消されるので、根本的解決に繋がり、精神衛生が良好になります。
しかし、これまで喫煙していた方が、突然禁煙すると、大きなストレスを感じます。
そういったストレスを軽減させるためには、禁煙補助薬を用いたり、ストレスマネジメントを学び、取り入れることが好ましいです。
禁煙することで、健康になり節約に繋がるものの、我慢することでストレスが蓄積し、逆効果になると考えている方は多いものです。
ところが、実際には喫煙場所を探したり、非喫煙者に気を使うなど、喫煙により生じるストレスの方が多いものです。
研究機関が行った、喫煙者の一日の気持ちの変化に関する研究によると、喫煙者のストレスというのは、喫煙前が最も高いという事がわかっています。
そして、煙草を吸うと軽減し、次回吸うまでに増加することが判明しています。
結果だけに目をやると、タバコを吸うことで一時的にストレスが軽減しているように見えますが、ニコチン不足による禁断症状を緩和しているという見方もできます。
ニコチンが、血中で少なくなるのは、およそ30分に一度のペースと言われており、吸うことで一時的に症状が改善されたとしても、一日のうちに何度も再びタバコに手を伸ばしたくなります。
こうした点から、タバコにより欲求が解消されているのではなく、ストレスを生み出す要因になっているという事が挙げられます。
つまり、禁煙することで、根本的解決になるのです。

禁煙外来の利点

今日においては、あらゆる施設で禁煙化が進められており、喫煙者にとっては肩身の狭い時代です。
こうした環境により、近年では自分も禁煙しようと考える喫煙者が、増加傾向にあります。
しかし、一筋縄ではいかず、健康に悪影響を及ぼすことはわかっているものの、踏み切れないという方が多いのも事実です。
そこで、頭に入れておくべきことが、失敗しても良いという姿勢を持つということです。
喫煙者が、禁煙を決意するというのは、大きな不安材料を抱えることになります。
長年、煙草を吸っている人程強い不安を抱え、今後喫煙できない事を考えると、絶望を感じる方も居るほどです。
このような気持ちは、長年嗜んできた物から離れるという寂しさも関係していますが、ニコチン依存症が最も関与しています。
こういった気持ちを解消させるためには、禁煙という行為を少し異なる観点から眺めると良いでしょう。
まず、避けるべきなのが、今後一生涯煙草を吸わないと決意することです。
一生涯というような、長期的な目標を、初期段階から抱いてしまうと、必ず途中で挫折してしまいます。
たとえ禁煙を失敗してしまったとしても、損害を受けることは無いのです。
禁煙に失敗した途端に、病気になるわけではないので、気楽に考えるべきです。
禁煙に成功した方の多くが、一度で成功しているわけではありません。
高い確率で、何度も失敗しているというのが実情です。
禁煙というのは、自転車に乗れるようになるための練習に似ていると言われています。
幾度も失敗しながら、技術を得ることで、成功するようになるのです。
何度もチャレンジしているうちに、自分に適した煙草のやめ方が見つかります。
最も避けるべきなのが、諦めることです。

禁煙外来費用とタバコの購入費用を比較

禁煙するためには、現在の喫煙本数を一本ずつ減らしていく方法が、最も簡単ですが、成功事例は少ないという実情があります。
そこで、ニコチンガムなどのアイテムを利用することが、好ましいです。
ニコチンガムとは、通常のガムの中に、煙草に含まれている成分と同一のニコチンを配合することで、噛む度に口内の粘膜からにニコチンを摂取するというものです。
一度に口にするのは、必ず一個だけという事を厳守してください。
その後、少しずつ数を減らしていき、禁煙を目指します。
ガムとはいえ、通常のガムとは噛み方が異なるので、事前に説明書をしっかりと読み込んだ上で、用いるようにしましょう。
医者から処方された場合には、説明書を読み込む事に加え、直接疑問点などを質問するようにしてください。
多忙な方は、ドラッグストアでも買い求めることができるので、重宝することでしょう。
ガムを用いて禁煙すると得られる恩恵は、煙草のように手を使う必要が無いので、両手が使える状態で禁煙ができることが挙げられます。
そして、口寂しい状態が紛らわせやすいので、煙草に手が伸びにくいという長所もあります。
こうしたアイテムの存在を理解し、実際に手に入れたら、早速使用し、禁煙を目指していきます。
ただし、禁煙というのは、何も目的や目標が無い状態では、成功するのが難しいです。
自分を含めた家族の健康を守るということや、タバコ代を節約して貯金するといったことでも良いでしょう。
また、息切れすることなく、行動したいといった考えも好ましいです。
このような目標を立てることにより、禁煙に対する気持ちが高まりますし、再度吸いたくなってしまった時に、思いとどまることができるのです。
■禁煙外来で処方されているお薬をチェック
チャンピックス

ページの先頭へ戻る