JTの手巻き煙草で禁煙

近年の健康志向の影響を受け、禁煙に取り組む方が増加傾向にあります。
禁煙を始める方が増加するという事は、当然煙草の流通量も低下してしまいます。
実際に、日本のタバコメーカーJTは、過去最低の売上を記録しています。
専門家からは、経営難に陥るのも時間の問題であると言われており、日本の大手タバコメーカーのJTは、打開策を考えています。
そこで、JTが生み出したのが手巻き煙草です。
禁煙を行うことが主流になっている段階で、手巻き煙草を販売するという事は、時代に逆行していると言っても過言ではありません。
しかし、JTが目を付けたのは、固定客です。
煙草というのは、定期的に禁煙のブームが訪れたとしても、一定数の固定客が存在し続けているのです。
JTは、一定数の固定客に対し、従来品よりも手間がかかってしまう手巻き煙草を提供することにより、他社との差別化を図り、既存の顧客の満足度を高めようと考えています。
ただし、手巻きタバコが登場したとはいえ、煙草が健康に悪影響を及ぼすことは間違いありません。
喫煙者と禁煙に成功した方のドーパミンの量を調査すると、喫煙者の方が量が少ないという研究結果もあるほどです。
ドーパミンというのは、リラックスした気分になった時や、幸福感を得た時に分泌されます。
つまり、喫煙者は禁煙に成功した方が楽しいと感じたり、リラックスした気持ちになっている時に、楽しくない気分で過ごすことになるのです。
そもそも、禁煙に成功できない理由というのは、煙草に含まれているニコチンの即効性が悪影響を及ぼしています。
ニコチンは、脳の神経に対し、直接的に悪影響を及ぼすことが判明しています。
こういった事も禁煙で解決させられます。

ページの先頭へ戻る